肌が泣いている!痛みのある脱毛で考えられるリスク

肌が泣いている!痛みのある脱毛で考えられるリスク

泣く女の子

脱毛で生じる痛みは毛に含まれるメラニンによるものなので、毛がある限り痛みが消えることはありません。

しかし、あまりにも強い痛みを感じる、施術後に違和感があるなどの場合は肌のSOSサインかも?

ここでは光脱毛で生じる痛みのリスクについて解説していきます。

 

ヒリヒリ・毛嚢炎

光を照射してもらった後、施術パーツによってはヒリヒリしたりかゆくなったりといった場合があります。

これは脱毛によって起きるダメージや乾燥などが原因とされ、サロン脱毛の中で最も起きやすいトラブルです。

通常はそのようなことが起きないよう、スタッフが保湿や冷却などをほどこして対応します。

しかし、どうしてもかゆみが治まらない、施術したパーツが腫れてきたなどのトラブルが起きたら

すぐにサロンへ連絡してください。

毛嚢炎は雑菌の繁殖によって起こるものなので、

照射で敏感になっている肌をさらしているとかかるリスクが高くなります。

施術後は肌の露出を控えて清潔に保ちましょう。

 

やけどや色素沈着

施術は高温の熱を発するので、やけどや色素沈着のリスクは0ではありません。

サロンで用いられるマシンは安全性に配慮して設計されていますが、

現在でもやけどの症状が報告されることがあるようです。

やけどをした場合、そのパーツは治るまで照射できないので

脱毛完了までに時間がかかってしまうリスクがあります。

また照射の際に、やけどより軽度ですが色素沈着が起こることがあります。

これは施術でダメージを受けた肌に紫外線を当て続けることで起きるもので、

紫外線対策を行なえば未然に防げるものです。

どちらにしても起こりうるリスクに備え、日焼け止めを持参したり、

万が一の際にサロンがどう対応するか確認しておきましょう。

 

多毛化・硬毛化

脱毛との相性によっては、脱毛完了後に映えてくる毛の量が増えたり、

毛が太く・硬くなって生えてくることがあります。

これは脱毛によって起こりうる副作用の1つですが、誰にでも起きる症状ではありません。

元々毛が薄い方や、細いうぶ毛が変化してそのような現象が起こると言われているので、

該当する方は注意してください。

もし多毛化・硬毛化が心配な方は、カウンセリングで事前に質問しておくと安心でしょう。